川崎市 整体 田中治療室 川崎院 HOME > 主な症状の原因と施術法 - 頭痛

主な症状の原因と施術法 - 頭痛

もし、あなたが偏頭痛、慢性頭痛で悩んでいるなら、1回の施術でも違いを感じることができるでしょう。例えあなたがどこの病院で見放された症状を持っていたとしても…

頭痛とは

頭痛とは、頭に感じる痛みのうち、表面的な痛み、或いは、深層的な痛み(深い痛み)、又、その中間的深さの痛み等、色んなタイプの痛みを含んだ幅の広い病気です。

頭痛イメージ01

日常的にありふれた症状でありますが、これを主症状とする致命的な病気もあり、又、原因が特定できない頭痛もあります。頭痛は、サイレントキラーであり、生命にとって重要な症状である為、この症状を見逃していると大変な事になります。

頭痛の種類

cause1血管拡張性頭痛

代表的なのは、片頭痛など。

cause2筋緊張性頭痛(精神的も含む)

肩こりからくる筋緊張性頭痛など、筋緊張性頭痛では、『ストレス → 筋収縮 → 頭痛 → ストレス』という悪循環が生じます。

cause3牽引性頭痛

頭の中の、痛覚感受性組織が、ひっぱられたり圧迫されて起こる(例:脳腫瘍、頭蓋内血腫、低髄液圧症候群)。

cause4炎症性頭痛

髄膜炎やクモ膜下出血などのために頭痛が起こる。

cause5神経痛頭痛

顔を支配する感覚神経である三叉神経や上部頸髄神経の損傷は頭部の神経痛を引き起こす。

cause6関連痛頭痛

耳・鼻・歯などによる痛みの関連痛となる。

cause7アイスクリーム性頭痛

等々

頭痛の危険な兆候

頭痛イメージ02

頭痛は、緊急に集中施術を施さなければ死に至る病気であることがある。その疾患とはクモ膜下出血、髄膜炎、大きな脳出血の3つです。脳腫瘍も放置すれば確実に死に至ります。又、重度の緑内障発作であった場合には、生命には影響しないが失明の 危険が大きく、緊急度は高いです。それらを示す、兆候は以下の通り。

  • 今までに経験したことがないような頭痛か、今までの頭痛で最悪の頭痛:クモ膜下出血、髄膜
  • 高齢者の初発頭痛:脳出血
  • 持続進行性の頭痛:髄膜炎、脳腫瘍
  • 突発(何時何分に起きた、何をしている時に起きたと正確に言える):クモ膜下出血
  • 強い病感(嘔気・嘔吐を伴うこともある):クモ膜下出血、脳出血、緑内障
  • 神経症状(麻痺、複視)・ 精神症状・てんかんなどを伴う:脳出血
  • 項部硬直がみられる(髄膜刺激症状がある):クモ膜下出血、髄膜炎
  • 眼底検査でうっ血乳頭がみられる:本節すべて
  • 発熱・発疹を伴う:髄膜炎
  • 未明・早朝からの頭痛
  • 頭を振ると頭痛がとてつもなく増強する(Jolt accentuation):髄膜炎
  • 明るい物を見ると頭痛が増強する:緑内障、クモ膜下出血
  • 虹 彩が円盤状でなく球面状になっている:緑内障

判断のポイント

どこが痛いと感じますか?

  • 側頭部(こめかみ)
  • 後頭部(頭の後ろ)
  • 前頭部(おでこ、目の奥)
  • 後頭部髪際(盆のくぼ)
  • 頭頂部(頭のてっぺん)

いつ、頭が痛いですか?

  • 常に、いつも
  • 仕事中だけ
  • 自宅に帰ると
  • デスクワークが多い日に
  • 肩こりがひどい時
  • 吐き気が伴うほどつらい時もある

カウンセリング時はより詳しい検査をいたしますが、どの段階でどういった痛みなどもお電話の時にお伝えください。

当院、田中輝明の見解

頭痛の殆どの原因が、カイロプラクターの私からみれば、首の骨のズレから生じています。西洋医学では上記の様な分類をしますが、私は器質的頭痛と機能的頭痛に分類して施術しております。

人間は、常に外的ストレス、内的ストレスにさらされて生きています。その中、本来の健康の状態を保とうと、恒常性、ホメオスターシスが働いていており免疫力もその内の一つです。

外的ストレスの典型が、体にダイレクトに外力が加わるのが、転倒、スポーツ、交通事故、継続的事務仕事、パソコン作業、手を上げ続ける作業、悪い姿勢、エアコン取り付け作業、庭木の手入れ、楽器演奏、縫い物、細かい手作業、等です。

又、内的要因として、咳やくしゃみをしても同様です。
人間に外力が加わると、人間は内的に症状を出して、自分本人に言い聞かせます。「今、外力が加わって損傷したので、その部分を休ませなさい」と。

又、背骨も外力のリアクションで頚椎一番、胸椎、腰椎、骨盤がゆがみます。中には、時間が経過した後に症状が出てくる事もあります。継続的な、小さい物理的ストレス(力)でも背骨はゆがみます。
立ちっぱなし・座りっぱなし・悪い姿勢等、これらはすべて背骨に負担をかけ続ける動作であり、仕事や日常的に行う動作である場合は、常に何もしなければ、背骨をゆがませ、続けていることになります。

田中輝明の見解イメージ

なぜ背骨がゆがむと頭痛になるのか?首の骨は,小さくて脊椎の上部に七つあります、しかも、一番上には重さ約10kgの頭が乗っていますから、その王様の頭部を支える為に、兵隊の頚部が、ゆがんでしまいます。
頚部がゆがんでしまうと、今度は中隊の胸部がゆがんで、小隊の腰部もゆがみ、正しい姿勢を保つことができなくなってしまいます。

又、新兵の仙骨もゆがみます。そして、骨盤の上にのっている腰椎の周囲の筋肉、腰方形筋、起立筋、広背筋等に、無理なストレスがかかり、腰痛を起こすのです。

よって頭部から、一番最初にG(重力)が加わるところが、頚椎です。頚椎に、矢状面、冠状面から、外力が加わると、首に負担がかかり、頭痛となって現われ、危険を防止いたします。
こういった骨格の問題上、頭痛は女性に多いようです。

施術の流れ

  • カウンセリング
  • 整形外科的検査
  • 姿勢検査
  • 触って確認
  • 体全体のサーモグラフィー撮影をとり、患部が、急性か慢性かを見極め
  • レントゲン分析を行います。レントゲンフィルムに、線を引き、正常から、どれ位、ズレているか、判断
  • タイトロンC-3000で、脊椎だけの、皮膚温度を測定
  • Y-P式スパイナルアジャスターで、脊椎一つ一つの動きを検査
  • トムソンテーブルで、足の長さのチェック
  • サイドポスチャーテーブルで、頚椎一番の矯正(頭痛の場合これが、一番大事な矯正)
  • 又、トムソンテーブルで、仙骨の矯正
  • ニーチェストテーブルで、胸椎の矯正
  • サービカルチェアーにて、頚椎の矯正
  • 頭痛の人は、マッケンジーテクニック
  • 最後に、検査
  • マッサージ
  • 必要に応じて、パラフィン、マイクロ、ホットバック、SSP、ローラーベット、WA他

お客さんの声

「2週間前からの頭痛、肩こり、腰痛が・・・」

石島 K様 31歳 女性 横浜市鶴見区

女性イメージ

古川さんの紹介で、私は来院しました。2週間ぐらい前に頭痛、肩こり、腰痛があり睡眠時左首肩が、だるかったです。おそらく仕事疲れだと思いますが、1回の施術で、症状がすべて改善したのには驚きました。超お勧めの施術室です。

「非常によくなったので知り合い全員に勧めております。」

池 M様 52歳 女性 横浜市鶴見区

女性イメージ

以然から肩こり、腰痛があり時々頭痛がありました。又疲労時には両方のウエストにしびれが出、正座をして立ち上がる時に痛みがありました。又 立っていると腰に痛みがあり右のふとももにも痛みがありました。私は、チラシを見て来院したのですが、非常によくなったので知り合い全員に勧めております。あなたも是非来院してはいかがですか。

お問い合わせ・ご予約は下記までどうぞ!


田中治療室 川崎院

○住所:川崎市川崎区砂子2-6-27
○アクセス:JR川崎駅から徒歩3分

電話:044-200-0986

FAX:044-200-0986

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ


営業時間
【受付時間】
午前9:00~12:00
午後2:00~6:30
【定休日】
日曜・祝祭日
お問い合わせ
お問い合わせは下記のいずれかの方法でお気軽に!
電話:044-200-0986
 FAX:044-200-0986
Eメールの方はこちら

これであなたも一生健康!無料で健康情報が手に入ります!

メールアドレス(必須)
名前

  • エキテン!
  • ビットストリート!
  • 整体・マッサージ部門 おかげさまで川崎区1位継続中!!
  • 交通事故施術について
携帯サイトのご案内
神奈川で随一、No1整体院!
田中治療室 川崎院
モバイル版QRコード
モバイル版QRコード
運営スクール
横浜カイロプラクティックカレッジ
  • 訪問医療マッサージ田中治療室
  • さくら・介護ステーション鶴見駅前
  • twitter
  • facebook
  • youtube

ページ上部へ戻る